WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

アトミクス、水硬ウレタン塗床材を新発売

アトミクスはこのほど、水性硬質ウレタン塗床材「フロアガードU Mhm」(モルタル工法)を新発売した。

屋外で水硬ウレタン塗床材の使用が可能に


同製品は、従来の水性硬質ウレタン樹脂系塗床材(以下、水硬ウレタン塗床材)最大の弱点である耐候性を克服し、屋外での使用も可能にした業界唯一(2020年6月現在、同社調べ)の水硬ウレタン塗床材である。

水硬ウレタン塗床材は、耐衝撃性・耐摩耗性に優れることから、フォークリフト等の重量物が往来する工場床の改修で採用実績を増やしている。また、耐熱性・低臭性にも優れるため、臭気を嫌う食品工場や厨房、給食室関係で多数採用されている。

しかし、耐候性に劣ることから黄変(変色)してしまうといった問題を抱え、さらに硬化に伴う収縮率が大きいため下地処理の際、目地切り作業を行う必要があった。

同製品は、こうした黄変や目地切り作業が必要といった、従来の水硬ウレタン塗床材の課題を解決した製品で、優れた耐熱性・耐衝撃性・耐摩耗性等の性能はそのままに、施工時の鮮やかな色を長期間保つとともに、作業性も高めた画期的な製品である。

℡03・3969・3125