WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

特集 トリプル浸透効果で高防食性の塗装システム

ジャパンカーボラインは、3種ケレン対応型の高耐久・省工程塗替え塗装システム「ラストマスチックシステム」を販売。従来品と比べて高い耐久性と大幅な工期短縮・コストダウンが可能なことから、好評を博している。
同システムは、錆を固定化する第一層の「ラストボンドSG」。錆層固定化を補助しアルミフレークの迷路効果で腐食因子の侵入を阻害する第二層「カーボマスチック15HB」。浸透性樹脂によってピンホールを埋める第三層「カーボマスチックマイティ」。紫外線による塗膜の減耗を防止する第四層「シロキサンエースHB」で構成されている。
また、3種ケレンのみで塗装可能なうえ、トリプル浸透効果で高い防食性を有する。鉄面、錆面、亜鉛めっき面、非鉄金属面といった各種旧塗膜面(純塩ゴムおよびアクリルラッカーを除く)に塗装可能。また、厚膜形の塗料を用いることで、大幅な省工程化とコストダウンに貢献。低VOCタイプでもあり環境対応にも優れている。

施工事例(君津市栗倉橋):4層構造で耐久性抜群


防食性能に関しては、塩水噴霧と湿潤を繰り返すJIS K 5600‐7‐9 サイクル腐食試験方法附属書CサイクルAによる試験では、従来仕様に対して遜色のない性能を発揮している。
あわせて、光沢保持率に関しても、表面に上塗りされる「シロキサンエースHB」は、暴露5年後の光沢保持率で、溶剤系ふっ素樹脂塗料を大きく上回る性能を達成した。
℡03・3643・4501