WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

ロック、無機系塗料を水性、弱溶剤、屋根用で上市

ロックペイントは、超低汚染リアルハイブリッド無機系塗料「ロックリアクターコートシリーズ」を発売した。

シリーズの内訳は、水性2液型「ロックリアクターアクア」、弱溶剤型「ロックリアクターコートUV」、同屋根用「ロックリアクターコートルーフ」の3製品。いずれもシロキサン結合による強固な架橋を形成し、極めて過酷な気象条件においても、長期的に安定した性能を発揮する(期待耐用年数20年以上)。

また、セラミック成分を複合化した塗膜で、汚染物質が付着しにくく、付着しても雨などで流れ落ちるため、塗装直後の美観を維持する。さらに、燃える成分の少ない塗膜のため火気に強く、同時に燃えにくい難燃性となる。藻やカビに対する抵抗性があるため、藻やカビの発生を抑制し、清潔な住環境を保つ特長がある。

一般的に無機系塗料の塗膜は、硬くなり割れやすい性質があるが、同シリーズの塗料は、被塗物の変形に追従する可とう性のある塗膜を有する。なお、耐塩害性においても、海沿いの地域においても被塗物を守る。

用途は、水性2液型、弱溶剤型は、コンクリート、モルタル、ALCパネル、スレート板、鉄部やサイディングボード、硬質塩ビ。屋根用は、新規屋根材(住宅用化粧スレート)、スレート瓦、セメント瓦、金属製屋根、トタン屋根(弱溶剤型・屋根用)。

同シリーズは、これまでモニター販売などを行ってきたが、ユーザーからの高評価を受け、一般販売となった。

03・3640・6000(東京営業部)、℡06・6473・1650(大阪営業部)