WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

特集 水膜で粉塵抑える湿粒ブラスト

SNMアジアは、粉塵を出さず、ブラスト代を大幅に減らせる「湿粒ブラスト」を販売している。
同製品は、湿った研削粒を投射することで粉塵を出さない。また、既存の湿式ブラストの様な流水も出さない、などの特徴を持つ。
研削材は水とタンク内で触れ、水圧で押されてタンク下の配管に圧縮され、トコロテン式に空気流に押し出されブラストエアーに載る。湿った粒子は加工物に衝突する瞬間、水膜を落下傘状に放出し粉塵発生を抑える。研削材は、水分のほとんどを加工物に残して半乾きの状態で跳ね返るというしくみとなっており、従来の「湿式ブラスト」とは原理から異なる。その結果、加工物は濡れるが水放出量は従来の湿式ブラストに比べ、極めて少ない。
同製品は乾式ブラストが出来ることを網羅するだけでなく、詰まり易く、粉塵発生源となる細粒・微粉末、吸湿性の研削材を使った作業や濡れた研削材も使えるため雨の日の作業など、乾式ブラストでは出来ない仕事も可能である。
得意な用途は、錆落とし、セメント落とし、厚膜剥がし、光沢保つ汚れ取り、FPR塗膜剥がし、タイル貼り付け下地処理、落書き落としなど。
℡06・6567・5836