WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

遮熱と断熱のダブルガードで熱を遮断

山本窯業化工では、骨材発色のカラーセラミックで外壁を美しく再生し、遮熱と断熱のダブルガードで外壁からくる熱を遮断する「W(ダブル)エコシステム」を新発売した。

遮熱イメージ



同システムは、建物の外壁表面に当たる太陽熱を遮熱機能が特長のハイシークールSiで反射し、また下層を断熱機能に優れたエコファンデが外部熱の侵入を減少させる。この遮熱と断熱のダブガルードで熱を遮断し、建物の室内温度上昇を抑える。また室内の調整された快適な空気を外部に逃がさない。これによりエアコンなどの空調設備の消費電力を低減させ節電に貢献。省エネライフを実現する。

劣化した外壁の塗替えだけでなく、より意匠性と機能性を持った外壁へと再生する。またハイシークールSiはローラー工法と吹付工法の2タイプの施工が可能なので柔軟な対応が可能である。

省エネと美しさを表現するその他の製品として「ネオフレッシュ断熱」があり、UVマルチコートSi(F)のトッピング(雲母)が意匠性を高める。屋根用では「ベストリファイン(クールタイプ)」が屋根表面に当たる太陽熱を遮熱機能で遮断し、室内温度上昇を抑える。
 ℡03・6417・0250(東京)、℡06・6338・8701(大阪)