WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

APL工場を視察して

2020.02.10

【塗装工場 担当者より】
1. 視察しての全体の印象
アルミ形材の前処理にクロムを使用しないクロムフリー処理を採用するなど環境に対する意識の高さを感じた。また、工場内はとても綺麗で飛散した塗料による汚れも無く、5Sが隅々まで行き届いていたのが印象的であった。

2. 現地ならではの特徴
アルミ形材凹部は塗料が入り難い部位ですが、手吹き補正を入れなくても自動機のみで凹部まで塗装できるように塗装ガンの設置場所や塗装条件出しを工夫されていた。大型塗装ブースであったが、色替えを8分で行い、前処理薬液の注入を自動制御するなど少ない作業員で効率良く塗装をしている事が印象的であった。

3. 日本との違い
日本と異なり、塗装後にアルミ形材の加工を行うので、アルミ形材両端部に吊り穴を開けて、吊り掛け時に有効活用されていた。また、アルミ形材長尺品を縦吊り塗装する事で塗装効率を上げていたのが、印象的であった。