WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

サメス、高塗着のエアレススプレー日本展開

疲れにくい設計を採用

サメス・クレムリンは日本市場においてエアレス・スプレーガン「SFLOW 275&450」の取り扱いを始めた。同製品の特徴は、最大81%の高塗着率により塗料消費を減少させ、材料のコスト削減につながる点にある。また、生産性向上を図るため、作業者が疲れにくい設計を採用。人間工学に基づいた形状は、疲労から解放され骨髄異形成症候群を防ぐ。さらにチップの向きと位置合わせも素早く簡単に行え、指1本で操作できるガン先端のセーフティロックで安全性も保たれる。

塗料吐出しパターンを変えるノズルチップも充実している。フラット、リバーシブルチップ、スキル(2重無化構造)と、あらゆる用途に応じて対応できる。チップは、個々に検品されているため、品質のバラツキもないという。今回は、日本市場投入に価格も競争力のある価格帯に抑えた。

海外では船舶などに採用実績が多く、日本では既に自動車メーカーからの引き合いがきているという。製品の売りを担当者は「高圧力でも安全設計なガンです。また、エアフィルターの保守には独自の特許技術を取得しており、メンテナンス性に優れています」と話す。