WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

特集 ふっ素系を追加 サイディングボード向け工法

スズカファインでは、戸建て住宅の多くに採用されている、複数の色や自然な凹凸感のある高意匠窯業系サイディングボードの塗り替えに最適な「WBアート多彩仕上工法」を展開している。

特殊ローラーカバーを用い、光安定剤を配合したラジカル制御形塗料であるベースカラーとアクセントカラー(1~2色)を塗布した多層構造の塗膜と、特殊粒状クリヤーによる絶妙な風合いにより高級感あふれる上質な仕上げが得られ、クリヤー工法で改修可能な時期を逃したサイディングや、過去にクリヤー工法で塗装されたサイディングなど、従来は単色に塗りつぶすしかなったサイディングを高意匠な多彩仕上げに蘇らせることが可能である。ラインアップは、従来の水性アクリルシリコン系塗料「WBアートSi」に加え、今年4月からは水性ふっ素系塗料「WBアートF」が追加された。

 全国3500社の認定施工店からの要望に応える形で、専用下塗についてもラインアップを強化。従来の白色・透明に加え黒色の「WBアートカラーシーラー」を追加、既存の淡彩系サイディングを濃色に塗り替える際の仕上り性が大きく向上した。ヘアークラックの発生したサイディングボードに対し、充填効果のある「WBアートカラーサーフ」(白・黒)、金属系サイディングの塗り替えを可能にした「WBアートメタルプライマー」(白・黒)も同時に発売した。
℡059・397・2187