WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

ゼオン化成、住宅外装材の新製品を上市

ゼオン化成は、樹脂製住宅外装材『ゼオンサイディング®』の新シリーズ「GRAYNE®」を上市したと9月3日、発表した。

樹脂サイディングは北米で広く普及しているサイディング材。一般に使われる窯業系と比較して、寒冷地の凍害や海岸地域の塩害に強く、耐久性に優れるという。また、シーリング不要の施工によりメンテナンス費用を削減できるという特長を持つため、自然環境の変化が激しい日本の家屋にも最適な外装材とのこと。同社は、国内唯一の樹脂サイディング材メーカーとして展開してきたが、無垢の模様に近い木目デザインをもつ新シリーズである「GRAYNE®」を9月より販売を開始した。

同製品は、天然シダー材から型取りしたリアルな木目模様とハイブリッド構造による色の深みを持たせたパネル形状からなるデザインで、これまでの樹脂サイディングにない意匠性を実現し、アーリーアメリカンスタイルのニューイングランド様式で、木目模様から純和風の杉板の家まで幅広い住宅に風雅な装いをもたらす。人気の濃色を含む新しい6色の魅力的なカラーバリエーションで新築からリフォームやリノベーションに至る幅広い外装材のニーズに応える。また、時速 120 ㎞のゴルフボールにも耐えうる耐衝撃性で優れた耐久性を実現するという。

上記ニュースリリース

樹脂サイディング「GRAYNE®」